スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフオレンジ隔離終了

2005年10月31日 20:41

タコツボにはさまり負傷して隔離していたハーフオレンジレインボーですが
土曜日、水換えをしたついでに本水槽に戻っていただきました。

まだ傷は完治していませんが、エサはばくばく食べるし
泳ぎ方も普通に戻り、体色もしっかり出るようになっていたので
大丈夫だと判断。

月曜日の今日まで観察していますが、傷にカビがついたり
仲間からいじめられてる様子もないです。

おそるべし、ハーフオレンジ。頑丈すぎです。


心配や励ましのメッセージをいただいた皆様
ありがとうございましたm(_"_)m


ここからはアクアと無関係ですが、

[ハーフオレンジ隔離終了]の続きを読む
スポンサーサイト

ハーフオレンジ救出大作戦

2005年10月25日 19:01

まるで金魚のような貪欲さと存在感をみせる、
我が家のハーフオレンジレインボーたち。

今朝起きてきて水槽のライトをつけると、
そのうちの1匹がスドーのタコツボミニの中で
隠れるかのように泳いでいます。

最初は「ふーん、めずらしいとこにいるのねー」

くらいにしか思っていなかったのですが、
いつまで経っても出てこない。なんだか様子が変です。

どうやら、底の抜けている側から無理やり入り込んで
抜けられなくなったようで、たこつぼの口の方から顔を出して
必死に泳いでいました(;´Д`)

とりあえず、菜箸でタコツボごとハーフオレンジを取り出し、
水中で振ってみたり、魚の体の向きを変えたりしてみたのですが、
どうやっても体が引っかかって抜けません。

無理やり引っ張って出すのは危険と判断し、タコツボを割って救出。
水槽に戻してやると、自分でも脱出を試みたのでしょう、
背中にも口先にも無残な傷があり白くなっています。
尾びれもボロボロで、泳ぎ方もフラフラと元気がありません。
いかに頑丈なハーフオレンジといえどもちょっとヤバそうな雰囲気です。

おいおい勘弁してよ、私これから会社なんだよ…時間ないんだよ…

と思いつつ、ダッシュで隔離水槽を用意し、水は60水槽から拝借。
押入れをひっくり返してヒータとブクブクを探し出してセットし、
負傷したハーフオレンジを移動。

ついでにここのところ調子を崩していた
トランスルーセントグラスキャットも隔離水槽へ移動。
そして抜いた分の水を60水槽に補充。
あとは、アグテンをごく薄くと少量の塩をお茶パックに入れて放り込み、
ダッシュで会社へ向かいました。


久しぶりに走りましたよ、ええ…

タイムカードを押すと定時3分前。
何とか遅刻せずにすみました。

まぁ、そりゃせまいとこに入ってみたくなる時もあるでしょうよ、
そしたらたまたま自力で抜け出せなくなる事もあるかもしれないよね。

でもお願い。出勤前はやめて


帰宅してから撮影した薬浴中ハーフオレンジ


[ハーフオレンジ救出大作戦]の続きを読む

飼育魚紹介 -ハーフオレンジレインボー-

2005年04月29日 22:51

half1s.jpg

Melanotaenia boesemani
ハーフオレンジレインボー


名前の通り、体の後ろ半分がきれいなオレンジ色に染まる。最大約10cmくらい?
外界の明るさや魚の気分によって、かなり体色が変化する。
かなり貪欲。
動く小さなものは餌だと認識するようなので、小さな魚やエビとの混泳は避けた方が安全。



飼ってみての印象ですが、かなり丈夫な魚です。
病気はした事がありませんし、軽い怪我ならすぐに治ります。
よく食べて、そこそこサイズの大きい魚なので体力があるようです。
[飼育魚紹介 -ハーフオレンジレインボー-]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。