スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフオレンジ隔離終了

2005年10月31日 20:41

タコツボにはさまり負傷して隔離していたハーフオレンジレインボーですが
土曜日、水換えをしたついでに本水槽に戻っていただきました。

まだ傷は完治していませんが、エサはばくばく食べるし
泳ぎ方も普通に戻り、体色もしっかり出るようになっていたので
大丈夫だと判断。

月曜日の今日まで観察していますが、傷にカビがついたり
仲間からいじめられてる様子もないです。

おそるべし、ハーフオレンジ。頑丈すぎです。


心配や励ましのメッセージをいただいた皆様
ありがとうございましたm(_"_)m


ここからはアクアと無関係ですが、

[ハーフオレンジ隔離終了]の続きを読む
スポンサーサイト

届いた♪

2005年10月28日 20:01

誕生日プレゼントにネット通販で買ってもらった
エデニックシェルトV2が届きました~♪

スドー エデニックシェルト V2(保証印)

今週は土曜も仕事なので、セットは来週になるかも。
また使い勝手などアップしたいと思います。




screwdriver-IIIさんのこの記事がきっかけで、
少々水草に興味が出てきました。(ああまた物欲が…)

同じ睡蓮は探せそうにないので、40水槽でも育成可能でCO2添加不要の
こういう透明感のあるグリーンの水草はないかと探してます。
クリプトは溶けるらしいので、エキノドルスなんかいいかなぁと思ってます。

今日のお写真

2005年10月26日 23:39

オトシン集合~っ!





ガラス面向かって左側:並オト 右側:ゼブラ
その後ろキュウリの上:ネグロ♀
流木の上:マクリカウダ

R31

2005年10月26日 20:02

ここ最近ではめっきり見かけなくなったR31スカイライン。
高校の頃、マジで欲しかった車のひとつです。
結局乗ることはありませんでしたが。


今日たまたま、かなり新しいナンバーをつけたR31の後ろにつきました。

「おお!古い車なのに中古で買うって根性あるなー。頑張れよー。」

と思ってよく見るとなにやらステッカーが貼ってあります。

 R31保存の会

そういう会があるんですね。知りませんでした。
会員数を見ると、まだまだ全国にファンがいるようです。


なんだか少しうれしくなりました。
コペンもこういうふうに、ながーく愛される車になるといいなぁ。

ハーフオレンジ救出大作戦

2005年10月25日 19:01

まるで金魚のような貪欲さと存在感をみせる、
我が家のハーフオレンジレインボーたち。

今朝起きてきて水槽のライトをつけると、
そのうちの1匹がスドーのタコツボミニの中で
隠れるかのように泳いでいます。

最初は「ふーん、めずらしいとこにいるのねー」

くらいにしか思っていなかったのですが、
いつまで経っても出てこない。なんだか様子が変です。

どうやら、底の抜けている側から無理やり入り込んで
抜けられなくなったようで、たこつぼの口の方から顔を出して
必死に泳いでいました(;´Д`)

とりあえず、菜箸でタコツボごとハーフオレンジを取り出し、
水中で振ってみたり、魚の体の向きを変えたりしてみたのですが、
どうやっても体が引っかかって抜けません。

無理やり引っ張って出すのは危険と判断し、タコツボを割って救出。
水槽に戻してやると、自分でも脱出を試みたのでしょう、
背中にも口先にも無残な傷があり白くなっています。
尾びれもボロボロで、泳ぎ方もフラフラと元気がありません。
いかに頑丈なハーフオレンジといえどもちょっとヤバそうな雰囲気です。

おいおい勘弁してよ、私これから会社なんだよ…時間ないんだよ…

と思いつつ、ダッシュで隔離水槽を用意し、水は60水槽から拝借。
押入れをひっくり返してヒータとブクブクを探し出してセットし、
負傷したハーフオレンジを移動。

ついでにここのところ調子を崩していた
トランスルーセントグラスキャットも隔離水槽へ移動。
そして抜いた分の水を60水槽に補充。
あとは、アグテンをごく薄くと少量の塩をお茶パックに入れて放り込み、
ダッシュで会社へ向かいました。


久しぶりに走りましたよ、ええ…

タイムカードを押すと定時3分前。
何とか遅刻せずにすみました。

まぁ、そりゃせまいとこに入ってみたくなる時もあるでしょうよ、
そしたらたまたま自力で抜け出せなくなる事もあるかもしれないよね。

でもお願い。出勤前はやめて


帰宅してから撮影した薬浴中ハーフオレンジ


[ハーフオレンジ救出大作戦]の続きを読む

元気いっぱい

2005年10月24日 20:07

今日はドジョウ続きです。

先日、アンジェリカスボーシャの名前で購入してきた
ボティアヒストリオニカと思われるボティアですが、
非常に元気…というか、好奇心旺盛です。

流木の穴に出たり入ったり、底砂に顔をつっこんでほじくり返したり
中層でホバリングしてみたり、とにかくあまりじっとしていません。

1匹だけだと引きこもりになるのではと思ったのですが
いらぬ心配だったようです。
ひとりきままにうろうろするのが好きみたい。




よく見てみると矢印の部分に模様が変化しそうな雰囲気がみてとれます。
(黒い模様の中に白い抜け部分があります)

どちらにしても大きくなってもこの完全なゼブラ模様のままでは
なさそうです。どんな模様になってくれるのかなー♪

ドワーフボーシャの模様の変化

2005年10月24日 19:58

順調にコロコロと2匹で連れ立って泳ぐ、かわいらしい姿を見せてくれる
ドワーフボーシャですが、ある変化に気付きました。
模様が変化してきたのです。


05-10-23撮影




05-5-15撮影




見比べるとわかりますが、初期の頃には腹部にはなかった格子状の模様が
腹部にも伸びつつあります。
このまま全身縞々になるのでしょうか。

入荷する個体群にによって、腹部に模様があるタイプとないタイプ
があるのは気付いていたので、生息地の違いかなぁと思っていたのですが
違うのかなぁ。

調子よさげ

2005年10月24日 00:07

パロトキンキルス・マクリカウダは調子よさげです。
ヒレのオレンジが濃くなってきましたし、エサ食いも良好です。


後ろでブレてるのは臆病でちっとも写真を撮らせてくれないラミーノーズ
せっかく赤がきれいに出てるのに…

普段はこんな感じで流木にくっついていることが多いです。
エサをやると底に降りますが、流木が一番落ち着く場所みたい。
ガラスにはあんまりくっつかないので、ガラス面のコケ掃除役には
不向きなのではないでしょうか。

たまにモスの上にも乗ってみたり。
体色とのコントラストがきれいです。

maculicauda051023_2.jpg


現在2匹のマクリカウダがいますが、体長も模様もそっくりなので
見分けがつかなくなってしまいました。




【追記】
みなとさんのアドバイスを受けて、尾びれの付け根付近の模様に
重点を置いて2匹を観察し、以前にこのブログにアップした写真と
見比べてみたところ、1号と2号の見分けがつくようになりました!

上の写真はどちらも1号です。
尾びれ付け根付近の模様も違いますが、全体的に1号より2号の方が
黒っぽい事も判明。

みなとさん、的確なアドバイスをありがとうございましたm(_"_)m

やはりダメでした

2005年10月23日 23:53

今日、水換えの際に全ての流木をどけてみたところ
やはりゼブラオトシン♀の死亡が確認されました。

今までは原因不明の死ばかりでしたが、
今回の死亡原因ははっきりしています。餓死です。

今まで何匹もオトシンを飼ってきましたが、
ここまで頑固に人工飼料を口にしないオトシンは初めてでした。

積極的にコケも与えるようにしたのですが不十分だったようです。
水槽導入直後から、キュウリなど比較的口にしやすいと思われる野菜を
与えてみればまた違う結果になっていたかもしれません。

これからは、人工飼料を口にしない個体がいるのが確認できれば
すぐにキュウリを与えて餓死を防ぎつつ、人工飼料に馴らしていく
ようにしようと思います。




もう1匹。

かなり長い間姿を確認できていなかったハラ・ジェルドニー
捜索の結果、発見できませんでした。お亡くなりになったようです。

非常に押しの弱い魚だったので、ごった煮混泳水槽ではエサが
十分に摂れなかったものと思われます。

100均にてイイ物発見!

2005年10月23日 00:57

40cmで稼動中の水作ブリッジSですが、一時期水量がかなり低下したので
パイプ内を掃除するためにテトラワンタッチフィルター用の
掃除ブラシ(たしか500円くらい?)を購入しました。
まっすぐなパイプ部分はよかったのですが、T字になっている
吐水口の部分が上手く掃除ができませんでした。

で、100均にストロー掃除用の細いブラシが売っているらしいと聞いて
ダイソーで探してきたのがこれ↓




2本入っていて長いほうが約30cm。
柄の部分は自由に曲がるようになっているので、T字の部分も
上手く掃除できそうです。

これって、外部フィルターのホースやシャワーパイプなどの
掃除にも使えそうですよね♪

100円はお買い得なんではないでしょうか。




【追記】
肝心の水作ブリッジの吐水口の掃除ですが、うまくいきませんでした。
もっと柔らかく曲がる素材でないとだめみたいです。
間もなく導入するエデニックシェルトの掃除に使いたいと思います!

アマゾンフロッグピットの花

2005年10月22日 11:31

睡蓮鉢のアマゾンフロッグピットに花が咲きました。




なんだかシワってるんですが、咲いて時間が経過したからこの状態なのか
もとからこういう花なのかわかりません。

キュウリをやってみる

2005年10月22日 11:29

生のブロッコリー芯はオトシンには硬すぎたようなので早々に取り出し、
人工飼料に餌付いてくれないオトシンの非常食として
一番ポピュラーであると思われるキュウリをやってみました。






投入したのは10/20(木)の晩なので、二晩が経過した状態。
下のキュウリの柔らかい真ん中の部分が透けているのがわかると思います。
柔らかい部分を重点的に食べているものと思われます。
ブロッコリーよりは食べやすいみたいですね。

[キュウリをやってみる]の続きを読む

ブロッコリーをやってみる

2005年10月19日 22:20

キュウリを先に試しててみようと思っていたのですが、
夕食でたまたまブロッコリーを使ったので、
余った芯(生)をオトシンにやってみました。




[ブロッコリーをやってみる]の続きを読む

濾過不足だよなぁ…

2005年10月18日 19:18

ぶっちゃけ40cm水槽に生体を入れ過ぎな私が全て悪いのですが、
濾過不足を実感しております。
夏にはオトシン突然死が相次ぎましたし…

そこで、既存の水作エイトブリッジSはそのまま稼動させておいて、
エデニックシェルトV2を追加しようかと考えてます。

溶存酸素量のアップを狙いエアレーションを追加しようかとも
思ったのですが、必要な部品を買い揃えるといい金額になりますし、
エアーポンプよりもエデニックの消費電力の方が低いんですよね。

遅い誕生日プレゼントとして買ってもらおうかと思っているのですが、
こんなものをBDプレに旦那にねだるようでは、
私のアクア病もかなり進行してきたな、と。

素晴らしきかなオトシン

2005年10月18日 19:06

最近、ライトを2灯にしたせいか、
はたまた巨大化したアルジイーター
コケ掃除をさぼるようになったせいなのか定かではありませんが、
60cmポリプ水槽にコケが目立つようになってきました。

水槽ガラス面は自分で掃除するしかないのですが、
流木に活着させているアヌビアス・ナナは、
これ幸いとばかりにオトシンのいる40cm水槽に投入してみることにしました。


それぞれ左がbefore、右がafterです。
(ナニカが写りこんでるのは無視して下さい)


nana_before_after.jpg

nana_before_after2.jpg



どうですか!
この見事なオトシンの働きっぷりは!

昼過ぎに備長炭に活着させたナナを投入して外出し、
夕方帰宅してみるとピカピカになっていました。


この備長炭ナナは、メダカ飼育している父にあげようと思って
(ナナは無加温でも室内なら枯れないですよね?^^;)
活着している最中の小さなものなのですが、
まさかこんなに短時間でここまで
きれいにしてくれるとは思っていませんでした。

60cm水槽に入っている他のナナ活着流木も、
頑張れば何とか40cm水槽に入れられそうなので、
順番に掃除していってもらおうと思っています。

オトシンの栄養補給にもなるのでまさに一石二鳥です。

[素晴らしきかなオトシン]の続きを読む

本日のお買い物

2005年10月16日 21:04

金曜日に鳥フンの絨毯爆撃を受けたコペンを洗車しにいくついでに
ショップを覗いてきました。


で、お買い上げ~。

アンジェリカスボーシャ 1匹 580円
・スジエビ 10匹 250円(60ポリプ水槽の餌兼コケ取り)


憧れのアンジェリカスがあまりにも安かったのでつい…
 ※アンジェリカスではなくボティア・ヒストリオニカのようです

でもこのアンジェリカス、模様がちっとも水玉じゃありません。
完全にゼブラ模様。



ピンボケです。体長は3cmくらい。

店の人に種類を確認してしまったくらい。
アンジェリカスの名前で入ってきたそうです。

ボティアは成長に伴って模様が変化する(猫丸さんのサイト参照)
ことがあるようなのでこれから水玉になるのかも。
今後が楽しみです。




初めて30cmはあろうかというクラウンローチを見ました。
見た感想は「でかっ、ちょっときもっ、でもかわいい!」。

いやぁ、ほんとでかいです。
普通に売られている魚とは別の種類のようでした。

ベアタンクで隠れるところがない水槽だったので
一番奥でじっとしてました。

引き取り個体かと思ったのですが、このサイズで輸入されてきたそうです。
水槽内でここまで育てあげるのは難しいんでしょうね。

[本日のお買い物]の続きを読む

科学のタマゴ

2005年10月15日 14:39

下にアップした「水でもどせるアカムシ」が付録につく予定の
雑誌を調べてみました。

Amazonやショップ学研などで買えるみたいですね。


これは今既に発売されている号で、アカムシは付いていませんが
参考までに。

アクアリストにはお馴染み、ブラインの飼育セットが付録ですね。




来年5月以降要チェックです!


私が子供の頃は、アルテミアではなくシーモンキーという
名前だったような…

そういえば、カブトエビ飼育セットもあったよなぁ。

乾燥アカムシ=活きアカムシ?

2005年10月14日 22:40

こんなニュースを見つけました。
激しく欲しい…

驚異の「鉄人」幼虫、雑誌付録に、学研が採用検討

アクアリストに向けて売り出したら
売れると思うんですけど。

コペンの光軸調整

2005年10月14日 20:43

8/31に車検を受けてもどってきた我がコペン。
しかし問題が発生。

ロービームが下を向きすぎていて
数メートル先の歩行者や自転車に乗っている人を
ぜんぜん照らしてくれなくなっていたのです。

「おかしいなぁ、何か暗い気がするなぁ」とは思っていたのですが、
ある晩、道路の左端を走ってる自転車の人がいきなり視界に入ってきて
ヒヤリとした経験から、ライトが暗いのではなくて、
照射範囲が極端に狭くなっているのだと気付きました。


コペンは普通の車より車高が低いので、当然ライトの位置も低いです。
さらに、ロービームはプロジェクター式なのであまり光が拡散しません。
細くて明るいペンライトを低い位置から下向けに照らす感じといえば
わかりやすいのではないでしょうか…
照射範囲の切れ目がはっきりとわかる状態でした。

なぜこんなことになったかというと、
もともとコペンのハイビームがかなり上向きだったらしく
(普段ほとんど使わないので気付かなかった)
車検に通るように光軸を下向きに調整したそうです。

ところが、コペンのヘッドライトはハイビームを調整すると
一緒にロービームの光軸まで変わる構造なようで
ハイと一緒にローの光軸が動き下を向きすぎて、
ライトの照射範囲が極端に狭い状態になってしまっていたようです。

[コペンの光軸調整]の続きを読む

でかっ

2005年10月13日 19:28

窓を開けて車を運転していると、どこからともなく
キンモクセイの香りがしてくるようになりました。
秋深しですね。

そんな季節を感じさせる植物や動物たちの写真満載のブログです。
最近のお気に入り。

みなみ野フォトログ




さて、話はかわって。

いつものように発売になったアクア雑誌を一通り立ち読みしてきました。
その中に非常に気になる写真を見つけてしまいました。

「フィッシュマガジン」に混泳の特集があったのですが
その中の一枚にかなりでかいと思われる
レッドライントーピードバルブが!!!


水槽の大きさや、混泳魚(ディスカス他)から想像されるサイズは
図鑑に載っている通り、軽く20cmはありそうでした。

水槽内ではそんなに大きくならないだろうと
たかをくくっていたのに…


大きめ(セネガルスに飲まれそうにない)サイズの個体を見つけたら
またお連れしようかと考えていましたが
あんなに大きくなるんじゃ、60cm水槽じゃ無理だよ(;´Д`)




今日は盛り沢山です。

タケゾーさんのリクエストにお応えして。

うちのサバサイアミーズフライングフォックスです。
丸太のように太っています。
塩焼きにしたら美味しそうな雰囲気すらします。

体長は8~9cmくらいです。



飼育魚紹介 -コペラ・ナッテレリィ-

2005年10月12日 19:47



コペラ・ナッテレリィまたはコペラ・ナッテリー(多分)
Copella nattereri

カラシンの仲間。体調6cm前後になると思われる。
同じコペラの仲間には、水上の草にジャンプして卵を産み付けるため
「ジャンピングカラシン」とも呼ばれるコペラ・アーノルディーがいる。

普段は水面近くに定位しています。
現在2.5cmといったところ。

図鑑を見る限り、ナッテレリィが一番近いのですが、
背びれに黒い斑があり、体側の模様の雰囲気も違うような気がするので
もしかしたら別種なのかもしれません。(幼魚?)

(コペラも種の同定が難しい種のようです)

---
と思って海外のサイトも見てみたら、これとほぼ同じ魚が
nattereriで紹介されていたので間違いなさそうです。


[飼育魚紹介 -コペラ・ナッテレリィ-]の続きを読む

コケコケ大作戦成功!

2005年10月09日 17:28

オトシン長期飼育のため始めたコケコケ大作戦ですが成功です!






オトシンまっしぐら状態。
軽くコケたプラ板を投入して5分もしないうちに貼りついてきてくれました。
そのあとはもう必死にはふはふ。

zoto051009_3.jpg



これで長期飼育してあげられるかな。

[コケコケ大作戦成功!]の続きを読む

みなぞうくん安らかに…

2005年10月08日 20:42

新江ノ島水族館の人気者だった
ミナミゾウアザラシのみなぞうくん(オス11歳)が急死したそうです。

人間でいうとまだ30代、早すぎる死でした。
ご冥福をお祈りします。


#原因は肺気腫による呼吸不全らしいです。

浮草が枯れた理由

2005年10月07日 19:33

以前に

ドワーフアマゾンフロッグピットが育たないよぉー!!

と泣いていたことがあったのですが、
やはり光量不足が原因だった模様です。


当時の枯れていく様子としては、

1.根っこの細かい毛根がなくなる
2.根っこ自体がどんどん短くなる
3.葉っぱが融ける

の経過でほぼ全滅し、ちょうどその頃立ち上げた
睡蓮鉢に避難させたものだけが成長してくれて今に至っています。

大量にいるミナミヌマエビの食害かなぁとも思っていたのですが、
最近、蛍光灯を2灯に変更したところ、ほぼなくなりかかっていた
根っこが伸びてきて、なんと毛根まで再生しています。
(睡蓮鉢で増えたのをまた水槽にいれてた)

1灯でもなんとかいけるというような記述も見かけたのですが
やはり最低でも2灯は必要なようですね。


多分、外の睡蓮鉢の浮草は寒さで全滅すると思うので
このまま春まで水槽内で順調に爆殖しちゃってください(-人-)

アミメウナギのペア

2005年10月06日 19:54




最初はどうなることかと思いましたが
仲良くやってくれてます。

上がオス、下がメスです。

熱帯魚・水草2100種図鑑

2005年10月04日 20:08

気を取り直して、お気に入りの本のご紹介など。
既に持っておられる方も多いのではないでしょうか。


熱帯魚・水草2100種図鑑
ピーシーズ 熱帯魚・水草2100種図鑑



プロファイルでお馴染みのピーシーズから2004年に出版されています。

今まで数冊のこういった「熱帯魚○○種」のような本を買いましたが、
この本が一番満足度高しです。

記載されている魚の種類も段違いですし、カラーページも多く
表紙もきちんと硬い紙が使われていてしっかりとしているので
いかにも図鑑!という雰囲気です。
子供の頃から図鑑大好きだった私には堪らない本です。

もうすでに何回目を通したかわかりませんが、
ヒマがあったらニヤニヤしながら眺めています。
(何回見る気?とツッコミ入りまくり)

ただし、あまりにもいろいろな魚が載っているため
「魚欲しい病」の激しい発作が出る恐れがありますので
注意してお読みください。

かなりオススメの1冊です。

[熱帯魚・水草2100種図鑑]の続きを読む

ごめんなさい

2005年10月03日 21:20

レッドライントーピードバルブが、ポリプテルスセネガルスに飲まれました。
完全に私のミスです。
レッドライントーピード、ほんとにごめんよ。

[ごめんなさい]の続きを読む

苔てくださいな

2005年10月02日 15:08

人工飼料に餌付き、もう安心と思ったのもつかの間、
突然死してしまうオトシンたち。

そんなことがちょっとでも少なくなる可能性があるならと、
コケの養殖を始めてみることにました。

といっても、100均プラケに適当に植木鉢とプラ製品を放り込んだだけ。




南向きベランダの日当たりのよい場所に放置。
苔やすいように液肥も買ってこよーっと。

苔たらローテンションでオトシンたちのいる水槽に投入予定です。

今日のお買い物

2005年10月01日 18:45

今日は久しぶりに少し遠くのホームセンターに行ってきました。

で、買ってきたのがコレ。
どこかでへたらない耐久性のあるマットだと紹介されていたので
前から気になってたんです。

キョーリン「3Dマット
キョーリン 上部フィルター用ろ過材 3Dマット

確かにかなり弾力のあるスポンジです。
これなら目詰まりはなさそう。
ゴシゴシ洗ってもそうそうへたりそうにない感じがします。

ところが、うちの上部濾過の濾過槽は下から

リング濾材→ウールマット→ウールマット荒目

となっているのですが、荒目マットのかわりにこの3Dマットを入れると
分厚すぎて散水器が嵌らなくなりました。
仕方ないのでとりあえず、黄色のマットだけを使用しています。

[今日のお買い物]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。