スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビ反り

2006年08月31日 20:23

やや繊細そうな見た目にビビリつつお連れした、レオパードスレンダーオトシン。
そんな心配は杞憂に終わり、というか!
うちの3株のエキノドルスをほぼ全て食べ尽くしてくれたよorz

最近では食べる葉っぱがなくなったので、人工飼料への食いつきもよくなってきました。


何でもよく食べるいいコなのですが、小さい粒のエサをやると、なぜかエビ反りして食べるんです。

ほら、こんなふうに。



食べているのは、咲きひかり金魚色揚げ用。
このエサは他の魚にも好評で、特にアジアクリスタルキャットの食いつきが抜群にいいです。


何でエビ反りするのかな。
ひょっとして背筋鍛えてますか?

Hypoptopoma-sp060831_2.jpg


右上に写っているのは、パロトキンクルスsp.ローライマ。
このあいだお連れした新入り♂個体です。
このコもチビなのに元気ぱつぱつです。
スポンサーサイト

うちにも沖縄の風が吹いたよ

2006年08月31日 20:16

昨日のトリビアの「田代、田代、田代、ちゃんと亡命しろ~」はおもしろかったですね。久々に爆笑しました。

と、そんなことはどうでもいいんですが、golbiさんちに届いた沖縄の風、うちにも届いております。


じゃーん。



トビエイとマンタの手拭です。

みなとさんからの沖縄土産です。
あまりにもマンタがかわいくて、そのまま手拭として使用するのはもったいないので、何に使おうか思案中♪

みなとさん、ありがとうございました!!!


淡水カレイお食事風景【動画】

2006年08月20日 21:04




思いのほか人気な淡水カレイのお食事風景が撮影できたので、アップしてみます。
いつものごとくきちゃない動画ですが、雰囲気は伝わるのではないかと。


【動画】淡水カレイお食事チュー


カレイのいるあたりを狙って、解凍した冷凍アカムシをスポイトで噴射すると食べてくれます。
ガラス面の上の方にくっついている時は、ピンセットではさんで口元に持っていって食べさせることもあります。

見てわかる通り、かなりおっとりとしたエサ食いです。
1匹目のアカムシなんかモゴモゴした後に吐き出しちゃってるし。
エサ取りが早い魚との混泳だと、ピンセット給餌が必須になってくると思われます。
カレイ単独飼育水槽が用意できる場合は複数飼育も可能ですが、うちのようなコミュニティタンクに収容する場合は、もともと隠れたがりな性質の魚なので、1匹飼育でないとエサをきちんと食べてくれているか、状態の良し悪しなんかがきちんとチェックできないかもしれません。


飼育を悩まれてる皆様いかがでしたでしょうか。
この動画が最後の一押しとなれば幸いです!

もしかして人工飼料食べてる!?

2006年08月17日 21:04

今日は冷凍アカムシをやっていないのに、ガラス面に張り付く淡水カレイのおなかがふっくらしているではないですか!

karei060817.jpg


も、もしかして人工飼料食べてくれてるの?
もしそうならものすごーくうれしいんですが(*´д`*)

大方の皆様の予想通り

2006年08月17日 20:57

やっぱりこんなコトに…
[大方の皆様の予想通り]の続きを読む

なんちゃってレッドスポットダータ

2006年08月16日 13:37




このコもSALE価格でお連れしてきました。
インボイスはレッドスポットダータだったらしいのですが、全然赤くありません。
体型や模様の入り方、体の透け具合は、レッドスポットダータそのものなのですが、模様の色が茶色なので非常に地味です。
そのせいで売れ残っちゃったんでしょうね。
(レッドスポットのお写真はカラシンのカテゴリからどうぞ)

個人的には、体の透け具合とシックな色合いが非常に好みだったりします。
ダータ特有の愛嬌のある顔立ちと、ぴょこぴょことした動きもgood!

現在、淡水カレイ君と共に冷凍アカムシをパクついています。
人工飼料は食べているのかいないのかはっきりしません。

カージナルダータあたりはどうかわかりませんが、このコや、レッドスポットダータは繊細な見掛けによらずなかなか丈夫な魚です。
やや人工飼料に餌付きにくい面もありますが、冷凍アカムシがあれば問題ありません。
飼育しやすくて魅力的なカラシンです。おひとついかが?

ローライマのお婿さん

2006年08月15日 12:47

抱卵しておなかパンパンの♀のため、ショップで長期(約6ヶ月)にわたり売れ残っていたパロトキンクルスsp.ローライマの♂っぽい個体をお連れしてきました。


セール中だったので通常価格の50%OFFで購入、ラッキー♪

うちで飼育していた♀と同時に入荷した個体の売れ残りの最後の1匹だったのですが、成長度合いが全然違います。
購入時から「小さいなぁ」とは思っていましたが、実際に連れ帰り比較すると、ほぼ倍くらい1.5倍くらいサイズが違ったのでびっくり。
(倍は言いすぎでした、訂正しておきます。幅なら確実に2倍なんですが)

たっぷりとエサを与えると随分と成長スピードに差がでるんですね。

この小さい♂っぽい個体も、我が家でたっぷりエサを与えたらプリプリ太ってきて実は♀でした、みたいな展開も充分考えられますが、真剣に繁殖を狙ってるわけでもないので、それでもまぁいいかと。

チビですが、底砂に降りて積極的に人工飼料を食べてくれる、なかなか活動的で丈夫なパロトキンクルスです。
[ローライマのお婿さん]の続きを読む

アクアライフ9月号

2006年08月14日 00:51

今月のアクアライフは、コリドラス特集です。


AQUA LIFE (アクアライフ) 2006年 09月号 [雑誌]AQUA LIFE (アクアライフ) 2006年 09月号 [雑誌]

マリン企画 2006-08-11
売り上げランキング : 2345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いつもなら立ち読みで済ますところですが、9月号にはコリドラスの他にも私の興味を引く魚が載っていたので購入しました。
ウナギ、水生ガメ、ダンゴウオ(海水だから飼えないけど)などなど。


この間、ショップにどでかいウナギが入荷しておりまして。
おなかを上にして寝てたんですよ。
なのに水槽をつんつんすると、くるっとひっくり返って起きてくれたりなんかして(*´д`*)

食べるのもいいですが、ウナギって結構ペットフィッシュ向きだと思います。

各水槽のpHを測る

2006年08月14日 00:15

今までテトラの試験紙でしか測ったことのなかったpHを試薬できちんと測ってみました。

利用したのはこちらの「pH assay kit - pH測定試薬キット -」です。

最近、いろいろな方のブログで見かけるようになって、デザインもシンプルでいいのに安価だし、試薬だとぱっとみてpHがわかるので購入してみました。
テトラの試験紙だと、3色の兼ね合いがあってどのpHに該当するのかが判断に悩むところがあったのです。

測定方法も実に簡単。
スポイトで5回水を吸い取って、3滴試薬を垂らすだけ。
これなら使用するたびに取説を確認する必要もありません。
まめに測定するには、使用方法が簡単であることも重要なポイントです。
理化の実験ちっくなところも私にはツボだったりします。


さて、このキットを使い、我が家の各水槽のpHを測定してみました。

[各水槽のpHを測る]の続きを読む

肺魚とフネアマガイ同居大作戦

2006年08月09日 19:34

うちのプロトプテルスアンフィビウスのあんちょびは、すっかり人馴れしてしまい、水槽に入ってくるものは全てエサだと思うのか、スポイトにも素手にも近寄ってまとわりついてきます。
かわいくはあるのですが、そのせいで落ち着いてガラス面の掃除もできません。

まだ、サイズ的にいって大丈夫じゃないかとも思うのですが、最近では、咲きひかり沈下性(やや大粒のコイのエサ)の粒を噛み割れるようになったらしく「ボリボリ」と音を立てて食べるのを見ていると、指をかませてどんなことになるかを試してみる勇気が出ません。

そこで、苔取り生物兵器の同居を考えたのですが、イシマキガイでは全く肺魚のパワーには敵わず。
あんちょびが食べてしまうか、食べようとして喉に詰めて窒息なんていうさらに恐ろしい事態にもなりかねないので、さっさと退去していただきました。
(今はポリプ水槽で平和にコケ食べてます)

そこで、ご登場願ったのが今回のフネアマガイです。

以前にもちょこっと紹介したことがあるのですが、アワビに似た平たい貝殻を持つ貝でもともとひっくり返しにくい形状なうえに、吸着力が半端ではないのです。
元気なフネアマガイが一旦しっかりと貼り付くと、人間の手でも剥がすことは難しいくらいの吸着力です。
その時に紹介した貝はその後弱ってしまい、セネガルスかアミメのエサとなってしまったのですが…

さて、今回購入してきたフネアマガイ3匹のうち、一番元気のよかった1匹を選び、あんちょび水槽へ。

ここでポイントなのが、貝がきちんと貼り付くのを確認することです。
ぽちゃんと入れるだけだと、しっかり貼りつく前に肺魚の餌食になる可能性があります。肺魚が貝に近づかないように見張っているなり、エサで気をそらすなり、5分くらいは様子を観察していた方がいいでしょう。

投入から3日はアタックを受けつつ、ガラス側面に貼り付いたまま引き篭もっていたのですが、今朝起きてみるとなんと!!!

funeama060808.jpg


素晴らしいじゃないですか!
フネアマガイが茶コケを食べたところはピカピカになっています。

それに、あんちょびもコイツを食うのは無理と学習したのか、最初の頃よりもアタックかける回数が格段に減ってきています。

うーん、いけそうな気がしてきましたよ、フネアマガイ♪
肺魚その他大型魚の苔取り要員でお悩みの方、一緒に試してみませんか?


帰宅するとさらにピカピカ面積が増えてた。
funeama060808_2.jpg
あんちょびブレまくり
[肺魚とフネアマガイ同居大作戦]の続きを読む

世界のナマズ 増補改定版【追記あり】

2006年08月05日 21:28

探していた本を見つけたので購入しました。

世界のナマズCAT FISHES OF THE WORLD増補改訂版

「世界のナマズ 増補改定版」です。


最初はAmazonか楽天で購入しようと思ったのですが、検索でひっかかるのは改定前のこちらのみ。
世界のナマズ


どうせ買うなら、新しい情報が載ってるものの方がいいですもんね。
この本の購入を考えている方は、間違って古い方を購入しないようにご注意を。

そして、本日8/4「アクア・ナビ」の第二号が発売となっています。
普通の熱帯魚雑誌とは一線を画した専門的な内容の雑誌です。
かなり読み応えあり。

これも買っちゃいそうだなぁ。

[世界のナマズ 増補改定版【追記あり】]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。