スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育魚紹介 -ポリプテルスセネガルス-

2005年04月17日 13:52

senes.jpg

Polypterus senegalus senegalus
ポリプテルスセネガルス

一番安価で簡単に手に入るポリプテルスの入門種。
最大で30cm前後と思われ、ポリプテルスの中では小型種。

丈夫で人にもよく馴れ飼育し易い。
実際うちでは水槽立上げ時のパイロットをかねて投入、特に問題もなく現在に至る。
購入04/11月時点で7cmくらい、現在05/4月で15cmくらい。成長はやっ!

よく性質は大人しいと書かれているのをみますが、うちのセネはそんな事ありません。昼夜問わずかなり活発でよく泳ぎます。

また、ここ1ヶ月程は比較的落ち着いていますが、よく同居魚に噛み付こうとする仕草をみせていました。
執念深く追いかけてまで…という訳ではありませんが(下で書きますが魚種にもよる)、自分の近くを泳いでいる魚がいれば噛み付く、という感じです。
で、たまたまタイミングがいい(悪い?)と、もちろん食べてしまいます^^;
うちでは、その当時のセネの半分近い体長があった、ヤマトヌマエビ、トランスルーセントが食べられました(ToT)(朝見ると口から尻尾が出てた…)

同居魚選定は慎重にした方がいいです。
明らかに食べられないサイズの魚にも噛み付こうとしていましたので、大き目の魚でも怪我をさせていしまう可能性があります。


ただ、どうも「エサ」と強く認識する魚とそうではない魚があるようです。

今まで入れた瞬間に「エサだっ!!!」という感じでひたすら追っかけて食べてしまったのがゴールデンアルジイーターサイアミーズフライングフォックスでした。
両方ともサイズが小さかったのも、Gアルジの体色が白で水槽内で目立ったせいもあるのでしょうが、どうやら細身でホバリング系の泳ぎをする魚はエサだと思ってしまうようです。

そしてなぜか、クーリーローチは襲いません。
セネの目の前でにょろにょろ泳いでいても、噛み付こうともしません。アミメウナギも同様です。
細くて長い魚は仲間だと思っているのかもしれませんが、ポリプのエサにドジョウをあげている方も多くいらっしゃいますし、よくわかりません。謎です。


セネもアミメも、顔や姿が爬虫類っぽいところが気に入ってます。胸鰭パタパタもかわえぇ~。和みます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/10-ca4d8e35
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。