スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミメウナギの雌雄差

2005年09月19日 00:02

今回なぜアミメウナギを追加したか、もうひとつ理由があります。

シェルターとなるものを入れずに販売されていたので、
全身をくまなく観察でき、明らかにオスらしき個体だったためです。

今まで、うちのアミメがオスなのかメスなのかよくわからなかったのですが、
同じ水槽で売られている3匹を同時に見比べると一目瞭然でした。

前からいるのがメスで、今回連れてきたのがオスで
ほぼ間違いないと思われます。


アミメウナギに限らずポリプテルスの雌雄は尻鰭で見分けます。

オス(多分)の尻鰭



メス(多分)の尻鰭


これでアミメウナギのペアが完成したことになります。

ただ、水槽内でのアミメの繁殖というのは私は聞いたことがないので
あんまり期待していません。
何かの間違いか偶然で産卵に至ってくれたらいいなぁ、
くらいの気持ちです^^;

アミメウナギの成長はかなりゆっくりです。
性的に成熟するのに時間がかかるのかもしれません。
というのも、自然下では90cmにも達するという説があり
それが本当だとすれば、それが本来の成魚のサイズであって
そのサイズにならないと繁殖しない可能性があるのではないでしょうか。


スポンサーサイト


コメント

  1. みなと | URL | -

    オスメス揃ったんですね!
    だから購入しちゃったんだぁ(笑)
    はっきりと自宅の個体と性別が違ったりするとお連れしちゃいますよねw
    繁殖は難しいでしょうけど、ダーリンが出来るのはいい事ですよね!

  2. けんこ | URL | HfMzn2gY

    とりあえずペアです。
    なんとなーくペアにしたくなるんですよねぇ。繁殖なんて絶対無理とわかってるんですけどね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/143-4c25e447
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。