スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリプテルス飼育の注意点

2005年09月30日 18:53

小型ポリプテルス(含むアミメウナギ)を飼育するにあたって
私なりに注意すべきだと思うことをまとめてみました。

これといって目新しい情報はありませんが、
飼育を考えておられる方の参考になれば幸いです。


ちなみに、個人的に「小型」だと思っているポリプテルスは
アミメウナギ、セネガルス、レトロピンニス、パルマスポーリー、
デルヘッジあたりかと。ザイールグリーンもかな?





以下長文です!


・蓋は必須、隙間も必ず塞ぐ
 特に体の細いアミメウナギは脱走の名手、注意しましょう。
 ガラス蓋の切り欠き、コードを通す隙間も塞ぎましょう。
 ベアタンクより底砂を入れた方が魚が落ち着き、
 飛び出し事故が少なくなるように思います。
 特に導入から1週間くらいの新しい環境に馴染むまでの間は
 飛び出しには注意が必要です。

・水をよく汚すので濾過はできるだけ強力に
 蓋がきっちりできず隙間の空いてしまう外掛けはNG。
 外部もフンや食べ残しで詰まる恐れがあります。
 上部濾過がお手軽かつ強力でオススメです。

・底砂は角がなく丸いものを選ぶ
 尖った底砂は底棲性であるポリプの体を傷つけます。
 また、かなり激しく泳ぐことがあるので、ソイルは不向きだと思います。

・あまり分厚く底砂を敷かない
 底砂を厚く敷いてしまうと掃除が行き届かなくなり、
 底砂内が不潔になり雑菌などの温床になる恐れがあります。
 濾過バクテリアの繁殖や魚を落ち着かせる為には有用と思われるので
 薄めにして、マメに掃除を行いましょう。

・尖ったところのある流木や石は入れない、不安定なレイアウトにしない
 ポリプが暴れた時に自分の体を傷つけたりする恐れがあります。
 また大き目の石などを入れる場合は、しっかり固定しておかないと
 転がってポリプが下敷きになったり、最悪水槽底面が割れることも…

・コリドラス、オトシン類との混泳は避ける
 残餌処理や苔取り部隊として、つい混泳させたくなりますが
 この2種は、食べられる時に鰭をピンとつっぱり抵抗するので
 飲み込んだポリプの喉にひっかかり、共倒れになる恐れがあります。
 また、一部のコリドラスには毒があるそうなので、
 ポリプが食べると危ないかもしれません。

・大型プレコとの混泳は避ける
 オトシンがだめならプレコかな、とこれまた苔取り部隊として
 投入したくなりますが、ポリプがプレコに体表を舐められてしまい
 肌荒れが起きたり、最悪死亡します。混泳させない方が無難です。
 
・新しいポリプを追加する時はポリプティに注意する
 新しいポリプ、特にワイルド個体を追加する際は
 ポリプティを持込まないように注意しましょう。
 特にポリプティに免疫を持たないアミメがいる場合は
 慎重になる必要があります。

・長生きします
 かなりの長寿です。飼育下でも軽く10年以上生きるようです。
 長い付き合いになるのを覚悟の上で飼育を開始しましょう。


普通に熱帯魚を飼育できる方であれば、ポリプテルスの飼育は簡単です。
水質にもうるさくないですし、高温にも強いです。
週1回1/3の水替えが苦にならない方であれば問題なく飼育できるでしょう。
(水量に対してポリプの数が少なければ2週間に1回でも問題なし)

飼育者にもよく馴れ、エサくれダンスも披露してくれますし、
まだ成功していませんが手からエサを与えることもできそうな雰囲気です。
「大きく育てたい!」とか「捕食シーンが見たい!」などの理由がない限り、
生餌も必須ではありません。人工飼料のみで十分飼育可能です。

個体毎にかなり個性があり、模様や顔つきが違いますので、
じっくりと自分の気に入った個体を選ぶのがよいのではないでしょうか。

大型ポリプテスルが持つ野性的なかっこよさとはまた違った、
愛嬌のある顔つきでかわいらしさが魅力の小型ポリプテルスたち。
意外と和み系でオススメではないかと思うのですが、いかがでしょうか。



スポンサーサイト


コメント

  1. ロマンラーク | URL | -

    そーなんですか!生餌なしでもイケるんですね(^ ^) 小型といってもどのくらいのサイズなんでしょ??何かお顔がウーパールーパーっぽくて可愛いです。でも我が家は水槽ひとつ・・・やはりクーリーローチあたりからデビューですか;^_^A

  2. みなと | URL | -

    おお。。凄いっ!
    何が凄いって。。。。
    けんこさんのブログに通っているので飼育上の注意点をほぼ理解しておりました(笑)
    ポリプ系なんて飼った事ないのに・・・・
    もう脳内飼育は完璧ですw

  3. ほた | URL | tHX44QXM

    はじめまして。
    私も熱帯魚のブログを最近始めたのですが、ポリプテルス系は飼った事が無いので、「へぇ~」と思う記事があって参考になりました。
    10年も生きるとなると愛着もひとしおになるでしょうね。

  4. s-nob | URL | m1AZglz6

    どーも、s-nobです。
    おお~!!私にとってあまりにもタイムリーな話題なので食い入るように読ませて頂きました。っといってもポリプを飼うメドがついた訳じゃないんですけどね(^_^;
    それにしても勉強になりました。

    ところで一つお聞きしたいのですが、(デルヘッツィやセネガルスなどの)ポリプを飼うのに水深というのは重要でしょうか?水槽の重量を抑えるために水深30cmくらいで飼えればと思っていたのですが、、、どうでしょう?
    よろしくお願いします。

  5. けんこ | URL | HfMzn2gY

    >ロマンラークさま
    ポリプで小型というと成長しても30cm前後のものを指します。
    60規格で何とか飼い切れるサイズですね。
    私もポリプの爬虫類っぽいところがお気に入りです(^-^)
    クーリーも何考えてるんだかわからないところがおもしろいです。
    時々狂ったように泳いだりして、飼主をドキドキさせてくれます。

    >みなとさま
    本来はポリプ主体でいこうと立ち上げたブログでしたんで。
    最近では何だかオトシンネタに押され気味ですけど^^;

    >ほたさま
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    ポリプも長寿ですが、ほたさんが飼っておられるコリドラスもなかなかの長生きさんですよね。
    ショップで巨大なステルバイを見かけてびっくりした事があります。

    >s-nobさま
    私の拙い記事が参考になれば幸いです。
    で、水深の件ですが、30cmもあれば何の問題もないと思います。
    もともとポリプテルスの飼育の際は、飛び出しを防ぐ意味で水深を下げ気味にすることが多いです。
    デメリットは、水量が減る事によって水質の安定で不利になるくらいではないでしょうか。
    水槽の総重量ってものすごく気になりますよね…(-_-;)

  6. s-nob | URL | m1AZglz6

    お世話になっております、s-nobです。
    けんこさん、私の疑問に答えてくださりありがとうございました。
    そうですか、30cmでも問題ありませんか。これで床補強無しで90cm水槽を安心して導入できそうです。
    これでちょっとポリプ飼育の夢に光が差しました(^O^)

    今回は色々ありがとうございましたm(_ _)m

  7. けんこ | URL | HfMzn2gY

    私も水槽の総重量が気になるひとりです。
    何と言っても団地の5階ですから…90は無理ですね^^;
    15cm以上のポリプなら問題ないと思いますが、もしベビーサイズからの飼育を考えておられるのであれば、いきなり90ではなくて最初は小さめの水槽にするか、セパレーターで区切ってあげないと、エサを見つけるのが難しくなってしまうかもしれません。
    ちびポリプのかわいさはかなりのものですよ(^-^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/153-0e59e874
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。