スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥アカムシ=活きアカムシ?

2005年10月14日 22:40

こんなニュースを見つけました。
激しく欲しい…

驚異の「鉄人」幼虫、雑誌付録に、学研が採用検討

アクアリストに向けて売り出したら
売れると思うんですけど。
スポンサーサイト


コメント

  1. screwdriver-III | URL | -

    わたしも欲しい、コレ

    ホントすごいですね、コレ。私も欲しい。 来年の5月以降発売の雑誌って今から予約出来るんでしょうか・・・
    乾燥状態で魚にエサとして与えたら消化不良おこしそう・・・

  2. タケゾー | URL | -

    すごーい!!!

    こんな生物が地球にいるんですね! ビックリです
    でも、ちょこっと怖さを感じました・・・
    不妊化してるみたいで安心だとは思いますが、生物ってのは進化していきそうで怖いですΣ´Д`  
    なんだかジュラシック・パーク(映画です)を思い出しちゃいましたw

  3. リンク、ありがとうごじましたο

    ところで、オモロイ!!凄い生き物いますネッο
    w(〇дο)w
    ワタシはプラナリア知った時点で感動したものでスッο
    (´,_ゝ`)-フッ

  4. s-nob | URL | m1AZglz6

    どーも、s-nobです。
    いや~これはぜひ市販して欲しいですね。
    でもこの強靱さ、ちょっと怖い気がします(^_^;

  5. みなと | URL | -

    すっげー!!
    感動したw

    でも、アクアリストがこれを入手しても・・・・

    魚の餌(笑)
    ダッテアカムシダモン

  6. けんこ | URL | HfMzn2gY

    >screwdriver-IIIさま
    「科学のタマゴ」という雑誌の付録ですね。調べてみたらAmazonでも購入可能です。ただ国外は送料・手数料がかかってしまうみたいです。

    乾燥状態で食べて、胃の中でニョロニョロ動き出したら…と思うとちょっとコワイですね。

    >タケゾーさま
    ジュラシックの恐竜達も不妊処理を施されていたのにもかかわらず、いつのまにか繁殖してたんですよね、こわっ。

    余談ですが、ジュラシックは映画でご覧になったのでしょうか。
    マイケル・クライトンの原作もなかなかおもしろかったですよ。
    翻訳本にありがちな読み辛さもなかったように記憶してますので、機会があればどうぞ。

    >AQUARISTさま
    プラナリアも凄いですよね。
    子供の頃に見た図鑑の巻末に特集があったのを読んで、血眼になって探した覚えあります^^;
    結局その当時は見つけられなかったのですが、大人になって熱帯魚を始めて再会するハメになろうとは思いませんでした(笑)

    >s-nobさま
    何かの間違いで廃棄した物が勝手に繁殖を始めたら大変ですよね。特に蚊はやっかいな病気を媒介したりしますし。
    熱帯魚のエサとして流通させるのはきっと無理なんでしょうね。

    >みなとさま
    もし、安全かつ大量に養殖できるのであれば、熱帯魚のエサ用としてぜひぜひ売り出して欲しいんですけどねぇ。
    なかなか人工飼料や冷凍餌に餌付かない種類の魚も容易に飼育可能になりますよねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/165-f6f3510f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。