スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育魚紹介 -トランスルーセントグラスキャット-

2005年05月09日 19:31

t-cats.jpg

Kryptopterus bicirrhis
トランスルーセントグラスキャット
汚い写真でゴメンなさい


透明な体を持つ小型のナマズ。体長10cm。
性格がかなり臆病で群れる性質があるので、複数匹で飼育してやるとよい。
水槽に馴れさえすれば、餌は選り好みせず何でも良く食べてくれる。


かなりポピュラーな種類の熱帯魚だと思います。
水温の変化に弱く白点病を発症しやすいとの記述を見かけますが、幸いうちでは発症した事がなく餌食いもいいので、丈夫な印象を受けます。
本当に臆病な魚です。
暗くしないと水槽前面には出てきてくれません。
(うちの場合は同居魚に問題アリですけど)
おかげでまともな写真が撮れず…(ToT)

こいつらも冷凍アカムシがお気に入りです。
ユラユラとたむろってる付近を目掛けて、スポイトでアカムシを噴射すると、バクバク食べてくれます。

なかなか餌を食べてくれないと悩んでいる方は、アカムシでもフレークフードでもかまわないので、水で溶いてスポイトで魚に向かって噴射してやるといいと思います。
ヒゲに食べ物が触れると反応するみたいです。


しかし、臆病で大人しくてもナマズには変わりありません。
偶然、近くを通りかかった口に入るサイズの魚なら、パクっといってしまうようです。
(体の割には口がデカイ)
うちでは、Sサイズのネオンテトラを飲んだ事があります。
追いかけて捕食する事はありませんが、あまりに小さいサイズの魚との混泳には、注意が必要かもしれません。

涼しげで、よくみるとキラキラしていて綺麗な魚です。
機会があれば単独飼育で群栄させてみたいですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/24-8a219133
    この記事へのトラックバック

    トランスルーセント

    トランスルーセントトランスルーセントとは、光を通す半透明であるという形容詞であり、近年流行してるデザインに取り入れられた光を活かす性質のプラスティック素材を使われた製品でよく使われる言葉である。Mac OS XやWindows VistaでもGUIパーツのトラ




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。