スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり育たん

2006年01月26日 19:37

みなとさんのところでは、水槽内でも勢いよく増殖中
アマゾンフロッグピットですが、私の水槽では全て矮小化し、
肝心の根っこもとても短くなってしまいました。




葉っぱも溶けてしまったりして、お世辞にも美しいとは言えない
情けない草体になってしまっています。





それに比べ、みなとさんちのアマゾンフロッグピットは緑色も鮮やかで
でつやつやしていて葉っぱにも厚みがありとても元気がよさそうです。
外置きの睡蓮鉢だと面白いように増えて、根っこも底砂に届いて
根を張るくらいまで伸びて、花まで咲いたんですけどねぇ。

アマゾンフロッグピットの他に、ドワーフアマゾンフロッグピットも
水槽内にあるはずなのですが、調子がいいと出る葉の模様が消えてしまい、
矮小化したアマゾンフロッグピットと見分けがつかなくなっている状態です。

そこで、うちの水槽ではうまく育ってくれない原因として
考えられることをあげてみます。

まず、光量不足。

こうした浮き草は通常、強い光とたくさんの肥料を必要とします。
以前、照明が1灯だった時にはあっというまに壊滅状態に陥ったので、
2灯の蛍光灯に交換してみたのですが、これでもまだ光量が足りないのかも
しれません。
肥料については、生体過密水槽なうえ、液肥も時々添加しているので
足りているはずだと思っています。

次に、水槽に蓋をしていることによる蒸れです。

水槽に蓋をしてその上にライトをのせているので、非常に風通しが悪い
状態になっています。
浮き草は高水温には強いが蒸れには弱いと聞いたことがあるので、
これも影響しているのではないかと思っています。

そして、エビによる根の食害です。

うちの水槽にはかなりの数のミナミヌマエビがいます。
さすがに固い葉っぱや根っこ自体はかじれないのではないかと思いますが、
根っこに生える細かい毛根をエビたちが食べてしまうことにより、
浮き草がうまく栄養を吸収できなくなっているのではないかと思っています。

ただ、エビ水槽で問題なく浮き草を栽培している方もいらっしゃる
ようですので、本当にエビによる食害なのかどうかはわかりません。


とりあえず、矮小化しようが、葉っぱがボロボロでもかまわないので、
春になって外の睡蓮鉢に出せるようになるまで、何とか水槽内で
冬を乗り切って欲しいと思っています。
---

最後になりましたが、「フロッグット」と「フロッグット」
両方の表記を見かけますが、どちらが正しいのでしょうか?
みなとさんは「ビット」と書かれていますが、私は今までずっと
「ピット」だと思ってきたのですが。
ちなみに、水草では有名なチャームさんで検索すると「ビット」、
アクアフォレストさんや、All Aboutだと「ピット」ですね。

どちらでもいいのでしょうか。うーむ。

【06-01-30追記】

みなとさんがコメントで詳しい環境を書いて下さったので、
比較できるようにうちの環境も書いておきます。



-爆殖中みなとさんの環境-

光量:55W+18W+18Wで90Wくらい?
底砂:ソイル 
二酸化炭素:添加
蓋:半分であとは網
液肥:あまり入れない
エビ:ビーとヤマトが数匹
水温:26度 最低室温:22度
日光:水槽に入らない
水換え:2週に1度と足し水程度

-うまく育たないうちの環境-

光量:8W×2で16W
底砂:セラミック砂
二酸化炭素:添加していない
蓋:水作ブリッジとライトでほぼ完全に蓋
液肥:時々添加
エビ:ミナミヌマエビ大量(よく根っこをツマツマしている)
水温:26度 最低室温:8度
日光:水槽に入らない
水換え:1週に1度

やっぱり、光量不足と風通しの悪さが要因なのか…
スポンサーサイト


コメント

  1. screwdriver-III | URL | -

    ウチの小型水槽に入ってる浮き葉は8Wでも育ってると思ってたけど、もしかして窓際にあるからかなあ。窓際ならライトの光量あまり関係ないか・・・
    で、ピットとビット、普通にタイプしたら見分けつかないですね。
    私も ピ(ひに○)だと思ってましたけど。

  2. みなと | URL | -

    面白い記事&トラバ、ありがとうございます。
    関連したエントリーで嬉しいです。

    自分も「pi」だと思っていたのですが
    水草図鑑だと「bi」なのでそう表記しました。
    どっちなんでしょうねー

    殖えた水槽の光量は55W+18W+18Wで90Wくらい?
    ソイル 二酸化炭素添加 蓋は半分であとは網。
    液肥はあまり入れない。
    エビはビーとヤマトが数匹。
    水温26度 最低室温22度
    なお、日光は水槽に入らない。
    水換えは2週に一度と足し水程度。
    と、大した事をしていないデータです。

  3. タケゾー | URL | -

    こんばんは^^

    自分もアマゾンフロッグピット(pi)で覚えてました^^ 実際どーなんでしょかねw

    けんこさん家のようにうちも根が伸びてないです^^ メタハラ水槽だと伸びますが、2灯で魚いっぱいのところは根が短い。うちでは魚がくってるのでw

    記事にも書いてありますが、蓋してるとかなり影響うけますよー。自分も以前それと水流のせいで壊滅的に・・・w

    うちかなりありすぎるのでいつでもあげますよ^^ なんならほかの水草も色々ありますので♪

  4. けんこ | URL | HfMzn2gY

    >screwdriver-IIIさま
    こいつらは太陽のもとだとびっくりするくらいの成長をみせるので、窓際はポイントが高いかもしれません。

    >みなとさま
    みなとさんちの緑鮮やかなフロッグたちを見てうらやましくなったので、記事を書いてみました。
    なんでうちのは貧弱なんでしょうね。
    環境の大きな違いはやはり光量でしょうか。底砂もうちはセラミックなのに対してみなとさんはソイルですし、肥料の差もあるのでしょうか。
    二酸化炭素も添加していませんが、水上に出てる浮き草にはきっと影響ないですよねぇ。

    水草図鑑は「bi」なのですか。それならやっぱり「ビ」が正しいのかもしれないですね。

    >タケゾーさま
    メタハラで根が伸びるということは、やはり原因は光量不足の可能性がさらに高くなりました。
    それに、エビだけでなく魚の食害の可能性もあるのですね。うちは魚いっぱい水槽なので、エビより魚が食べてしまっているのかも…
    それにやっぱり蓋も影響するんですね。
    うちの水槽は浮き草にとって過酷な環境みたいですね。

    水草のお申し出、ありがとうございます。大変ありがたいです。
    春までフロッグピットたちが持たなければ、お願いさせていただくかもしれません。
    その際はよろしくお願いいたします。

  5. あにじゃ | URL | lMBqkpAs

    「フロッグピット」=「カエルの休憩所」だと思うので、
    「pi」ではないでしょうか?
    もちろん確信的ではないですけれど・・・。

  6. けんこ | URL | HfMzn2gY

    あにじゃさま、コメントありがとうございます。

    なるほど、「カエルの休憩所」ですか。
    この場合のピットというのは、車のレースなどの作業を行う場所のピットと同じ意味ですよね。
    一理あると思います。

    どちらが正しいのか、ますますわからなくなってきましたが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/261-80dc7b62
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。