スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水作の泡を細かくしよう

2006年02月13日 20:54

60cm水槽にエアレーションを主目的に、濾過も少し強化されたらいいかなと
思いつつ追加した水作S。

小さいボディの割には期待以上の力を発揮してくれていて、
病気後、いまひとつすっきりしなかったハーフオレンジレインボーたちの
調子が目に見えてよくなりました。


が、しかし。
ぶくぶくと本体から出る泡がやや大きく、弾けた時の飛沫が
上部濾過の底の部分やライトカバーにつくのがちょっと気に入りません。

そこで、ぶくぶくの泡を何とか小さくできないか考えてみました。

まず、買ってきたのはコレ。



泡が細かいと評判のいぶきエアストーンです。

ですが、これだけだとそのままでは水作に繋げません。
次に、近所のHCでゴムパッキンを購入。

pakkin.jpg

ポイントは真ん中の穴のサイズ。
外回りはハサミなどで少しずつ削れますが、中心部は加工し辛いので
なるべく、水作にもとから付いているエアストーンの真ん中の穴のサイズに
近いものを買うといいと思います。

---
水作のエアストーンを引っこ抜くと穴が空いていて、そこにちょうど
いぶきのエアストーンが差し込めるのです
---

パッキンの外側を適当に少しずつ削っていぶきエアストーンを指し込み、
水作に取り付けます。

suisaku_s.jpg


矢印の部分がゴムパッキンです。

パッキンはきついくらいのやや大きめサイズにしておかないと、
差し込んだ隙間からエアが漏れてしまいます。

そしてぶくぶくのサイズ比較がこちら。

awa_hikaku.jpg


左がノーマル水作、右がいぶきを仕込んだ水作です。
写真だとかなりわかりにくいのですが、肉眼だと差は歴然です。
写真でも良く見ると、右側は泡の軌跡が細かいのがわかると思います。

成功、成功♪
スポンサーサイト


コメント

  1. コンコロ | URL | r.l9e/wA

    まさにDIYですね。素晴らしい!!
    私も今度チャレンジしてみます。

  2. screwdriver-III | URL | -

    工作の時間大成功ですね^^
    なかなかいい感じじゃないですかっ!!
    見た目も悪くないし、泡も小さくなったし。

  3. みなと | URL | -

    あぁー良かったぁ(笑)
    前の画像ではエアストーンが長いサイズに見えたから心配してたの「あれじゃ無理w」って。
    だから「小さいのにして」って(笑)
    ちゃんと小さいのにしてくれてエイトも喜んでます。

  4. golbi | URL | /c2.ISBc

    おぉ!水作の改造ですかぁ~^^
    写真でも、泡が細かくなってるのわかりますよ♪
    こうやって工夫して水槽内の環境が良くなり、
    魚が生き生きしてくると嬉しいですよね~。してやったり!みたいな。
    今度、機会があったら真似させていただきま~す(≧∇≦)ノ

  5. けんこ | URL | HfMzn2gY

    >コンコロさま
    泡が小さくなると、ぶくぶくの音も小さくなり快適です。
    簡単で、特殊な工具もいらないですしオススメです(^-^)

    >screwdriver-IIIさま
    もし、ゴムパッキンで失敗したら、screwdriver-IIIさんに教えていただいた素材を探そうと思っていました。
    なんとかうまくいってほっとしています(^。^;)

    >みなとさま
    いや、さすがにあれはぶっこみませんて(笑)
    長いのは、夏場に40水槽に使おうと思ってしまってあります。
    小さいサイズのエアストーンでも、カートリッジは入らなくなっちゃいます。

    >golbiさま
    水作の能力あなどるなかれ!といったところです。
    濾過の強化もエアレーションも同時にできるなんて素晴らしいです。
    いぶきエアストーンに交換したのは完全なる自己満足の世界ですが、うまくいくとうれしいもんです(^-^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/276-ec2b4429
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。