スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育魚紹介 -アルジイーター-

2005年05月15日 02:22

aruji050514s.jpg

Gyrinocheilus aymonieri
アルジイーター



コケ取りとしてよく売られている、コイの仲間。
15cmくらい、最大では20cmを超える?

白化個体を固定した、ゴールデンアルジイーターという種類もいる。
餌は何でも良く食べ、非常に丈夫。


確かによくコケを食べてくれます。
60水槽のアヌビアスナナがピカピカなのは、こいつのおかげです。

が。

小型魚ばかりの水槽のコケ取り魚としては、オススメできません。

大きくなるとかなり気が荒くなり、他魚を追っかけ回したり
吸盤状の口で吸い付いて傷つけたり、殺してしまったりします。

小型魚水槽用コケ取り魚としては、オトシンがいいでしょう。
なお、普通オトシンより、オトシンネグロの方が丈夫でオススメです。


うちでは最初、ポリプ水槽にゴールデンの方を投入しました。
しかし、黒いバックスクリーンの水槽でその白い魚体は目立ちました。
泳ぎ方も気に食わなかったようです。
朝起きると姿はありませんでした(-人-)

ですが、コケ取り兼掃除係が必要でした。

次に、普通アルジを投入。
最初は何度か襲われそうになっていましたが
逃げ方を覚えたのか、セネガルスが諦めてくれたのか、現在に至ります。

どうも、結構頭がいいみたいです。
セネガルスが近づくと逃げますが、アミメウナギは無視します。
(アミメウナギは他魚を食べようとしない)
というか、アミメには自分から吸い付いていったりします。
ハーフオレンジに吸い付こうとしているのも、何度か見かけました。

行動を見ていると「確かに小さい魚との混泳は無理だなぁ」
という感じがします。

オトシンでは小さすぎ、プレコでは大きすぎる…という場合の
コケ取り魚としては、非常に有効でしょう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/29-af437ac8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。