スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育魚紹介 -アフリカンランプアイ-

2005年05月25日 19:56

lamp2_050524s.jpg

Aplocheilichthys normani
アフリカンランプアイ



メダカの仲間。3~4cm。
目の上が青く光り、群泳させると美しい。
日本のメダカと同じ卵生で、繁殖も容易に楽しめる。
餌は何でもよく食べ丈夫、性格にはやや臆病なところがみられる。

写真はオスの個体。
メスは尾ビレが三角形に近い形をしており、
腹ビレもこんなに幅広ではない。
ある程度大きくなった個体であれば、オスメスの判別は容易。



水質について、弱アルカリがいい、弱酸性がいいと
両方の意見があるようですが、弱酸性~中性の我が家の水槽で、
元気に繁殖しているので、水質への順応性が高いと思われます。
(ワイルドものはわかりません)

ちなみに、やや暗めの水槽で横から見ると綺麗ですが、
上から見たるとただのメダカに見えます^^;

昔は、結構高価な魚だったらしいです。


lamp_shoumen050524s.jpg
正面顔もカワイイ

産卵は1度に1個、オスとメスがペアでプルプルして
水草などに産み付け、それを数回繰り返します。

日本産メダカと同じくらいの大きさの透明な卵で
目をこらせば見つかると思いますので、
積極的に増やしたければ、卵の段階での隔離をお勧めします。

うちではほったらかしておくと、稚魚が産まれる前に
すべて食べ尽くされてしまっているようです。
(ペアが卵を産み終わるのを後ろで待ち構えるラミーノーズテトラをみた事があります…)

現在、水槽のフチに柄を折って引っ掛けた網の中で、3匹の稚魚が成長中です。
(数匹は死んでしまったようで途中で姿が見えなくなりました)

稚魚のエサはブラインシュリンプの方がよさそうですが
沸かすヒマがないので、「コメット赤ちゃんのエサ」を与えています。
無事、成魚サイズまで育ってほしいものです。
スポンサーサイト


コメント

  1. shana | URL | QvfgIWC6

    今晩は~。アフリカンランプアイ、きれいですよね。ウチでは導入する予定無いんですけど、職場に水槽を設置したら…と考えてます。群泳させたら見映えもいいんでしょうねぇ。

  2. けんこ | URL | HfMzn2gY

    こんばんは~。そうです、きれいで丈夫で安いと三拍子揃った魚です。あまり手がかからなくていいですよ。
    今はごちゃごちゃした混泳水槽ですが、いつかはランプアイ単独で群泳水槽を実現させてみたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/36-fccf3bb1
この記事へのトラックバック

カラーコンタクトは・・・まだ 

ランプアイの仲間いるしぃ、トラバっちゃいました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。