スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底砂を薄くしてみた

2006年11月21日 23:16

先日記事にした、底砂を薄くしてエキノは植木鉢へ移植する計画を11/19(日)に実行しました。

以下、長文のうえ写真もなく面白みのないお話になっています。
興味のある方だけ続きからどうぞ。
1.まず、現在の水槽の水をなるべく大量に確保します。

今回、20Lの飲み水用ポリタンクを用意しました。
確保中はなるべく温度低下を避けるため部屋ごとエアコンで加温し、水中の有用なバクテリアたちが呼吸できるようにエアレーションもいれておくといいそうです。


2.次にバケツに水を取り、魚を取り出します。

こちらにももちろんエアレーションは入れておきます。
今回の作業で何が疲れたって、ここです!!!
「いつのまにこんなに魚いれたんだろう?」
と少し後悔しながら自分の浅はかさを呪いつつ魚を掬うこと1時間と少し。
何度網を投げそうになったことか(-_-;)
底モノやひっつき系(オトシンとか)が多いので、普段はそんなに魚がいるようには見えないんですよね…
こういう時になって初めて、いかに大量の魚がいるかを実感できるわけです。

ただ、丈夫な魚ばかりの水槽ならば、魚を入れっぱなしで、水もあまり抜かずに底砂を抜いてもいいと思います。


3.そしていよいよ本題。砂利スコップで砂を抜きます。

底砂に植わっていたエキノも抜いておきます。
と一緒に、根元に埋め込んでいた固形肥料(アクアフローラ)も取り出しておきます。ゆっくりと溶けるタイプの肥料なので(というか見た目にはどこが溶けたのか全然わからない)、植木鉢植え込みの時に再利用します。

さて、この砂利スコップ。底がメッシュになっていて、砂だけを上手く掬える構造になっています。なんていうことのないメッシュなだけのスコップですが、普通のスコップとは作業効率が全く違ってきます。安いものですからひとつ持っておくと便利だと思います。

砂は思いっきり抜きました。
これまで5cm厚くらいで全体に敷いてあったのを、一気に1cm厚くらいに。
これくらいの厚さだと、プロホースでほぼ完璧に掃除が可能となります。
ガシガシ掃除ができて、底砂に変なものが堆積する心配もなくなりました。

また、ホースフェイスローチが以前からかなりいい働きをしてくれています。
現在1匹しかいませんが、あと2匹ほど追加してやると、常に底砂がかきまわされて、いい状態が保てるんではないかと期待しております。
ショップで見かけたら即お連れする予定です。


4.確保しておいた水を水槽に戻します。

バケツなら持ち上げてザーっと入れられますが、さすがに20Lポリタンクだと無理なので、ここでは風呂水ポンプを利用。
アクア用だと3000円くらいしますが、風呂用だと1000円くらいで入手が可能です。これもあると便利なグッズのひとつです。ホースは抗菌じゃないものを選ぶ方がいいでしょう。


5.水を戻した後、濁りがおさまるのをしばし待ち、取り出しておいた魚たちを戻します。

そして、減った分の水を少しずつ足し水し(結果として1/2くらいの換水となりました)作業完了となります。

なお、作業の間、濾過器は止めない方がベターとのこと。動かしっぱなしの方が水槽の調子が戻るのが早くなるそうです。

所要時間はここまで約4時間。時間かかりすぎですね^^;
魚の数が少なくて掬うのに時間がかからなければ、2~3時間で終わるはずです。


6.そして最後の仕上げ。抜いたエキノを植木鉢に植えて水槽に投入します。

植木鉢はHCで購入した55円の素焼きの鉢、ソイルはアマゾニアと思われる中古品をいただいたのでそれを使用しました。

植木鉢は最初100均で探したのですが、目当てのシンプルで小さめの素焼きのものがなく、ホームセンターへ。その値段を見て100均に置いていなかった理由ががわかりました。何でも100均が安いと思うのは大きな間違いです。気をつけないといけません。

ソイルは数日間だけ使用後、取り出して乾燥させてあったものをいただいたので、砂ふるいにかけて粒状のものだけを使用しました。

鉢の底に底の穴からソイルが漏れないよう鉢底ネットを敷き、取り出しておいたアクアフローラとソイルを入れてオトシンの攻撃からかろうじて生き残っている状態のエキノドルス・オゼロットグリーンとエキノドルス・レッドフレームを植えて、しばらくバケツの水に漬けてソイルに水を吸わせた後、そーっと水槽に投入しました。

今回がソイル初体験だったので、細かい粒が水槽内に舞ったり、水が濁ったりするんじゃないかといろいろ心配していたのですが、特にそういうことはありませんでした。

水槽のpHはこれまで5.5くらいだったのが、作業当日夜には6.2くらいまで上がっていました。
ただこれは一時的な上昇で正常な反応らしく、ここで無理にpHを下げようとじたばたすると良くないと教えていただいたので、じっと我慢です。

ちなみに、作業から2日が経過した今日、もういちどpHを測定したところ5.6まで戻っていました。成功と思っていいのかな。

水はしゃきっと澄んでいて、底砂を抜いた結果、水量が増えたことになり水槽内が広くなったように感じます。
一部の魚を除いてみんな元気です。

そう。
一部を除いて…

その一部とは、ブリタニリクティス・アクセルロッディとグリーンオトシン。ブリタニはすぐに死なせてしまいそうでブログでは紹介していませんでしたが、ここ1ヶ月ほどこそっと1匹だけ飼育していました。
順調かなぁと思っていたのですが、繊細な彼は今回の作業には堪えられなかったようです。残念なことにグリーンオトシンとともに死亡してしまいました。

こういった水質に敏感で繊細な魚は、できることならば避難用の別水槽を用意してやり、作業後1週間ほどは避難させてやるのがベストだと思います。

今現在、作業が直接の原因となって死亡したと思われる魚はこの2匹のみです。

これから1週間ほどは要経過観察期間です。
水槽の様子に普段より気をつけ、pHもチェックしていくつもりです。


最後になりますが、今回の作業にあたって、いろいろとアドバイスをいただきましたやぶかじさんに御礼を申し上げたいと思います。
どうもありがとうございました。

駄文、長文失礼致しました。
何かの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト


コメント

  1. sachipok | URL | T/vzegZo

    お疲れ様でした

    すごく参考になりました!「へぇ」がたくさん。

    魚掬うの時間かかりますよね・・・
    掬うときに傷つけてしまいそうで、なかなか思い切って掬えません。
    2匹は残念でしたが、これでだいぶ管理しやすい水槽になったのでは。
    今後に期待ですね。

  2. みなと | URL | -

    おお!とても解り易い!!

    4時間かかるとバクテリアが死んでしまうデッドラインだから
    やはり動かしておいた方がよさそうですね

    これで安定したら・・・えへへ

  3. s-nob | URL | m1AZglz6

    どーも、s-nobです。
    4時間にもわたる作業、お疲れ様でした。
    色々と興味深く勉強させていただきました。
    中でも「ソイルって乾かせばまた使えるんだ」ってのが大きな収穫でした。
    私はソイルの黄ばみで悩んでおりまして、買ったばかりのソイルをどうしようかと悩んでいたんですよ。
    もし再利用できるなら、クリプトの水上栽培にも使えそうですし、捨てずにすむので助かります。

  4. ybkj | URL | -

    よかったよかった・・・。

    けんこさん、
    こんにちは。そして、お疲れ様でした。
    リセットは、水槽にとっては大手術みたいなものです。長い
    こと管理してきた水槽は、それ自体が生きていますから、
    ろ過を止めないで作業するところがミソ。。。
    上手くいったようで、心底ホッとしています。。。
    リセットですからある程度の犠牲は・・・、これはまぁ、
    仕方がないと言うか、リスクです。。。

    ほんと、よかったよかった。


  5. screwdriver-III | URL | -

    サカナ掬うのに1時間も掛かるって一体何匹くらい?
    落ち着いたら生体数レポートしてくださいよ^^
    んで、落ちたのがいたのは残念だけど、ほぼ完リセット状態
    なんで最小限で食い止めたと言えるだろうと思いマス。
    うまく仕上がってくれるといいですねっ!! お疲れ様でした^^

  6. gyo | URL | soqD6hm2

    お久しぶりです。

    相互リンクしてもらっていたAquaBoxのケイツケです。
    この度ブログを閉鎖して新しくブログを立ち上げました。

    もしよければ
    また相互リンクしていただいてもよろしいでしょうか?

    「人生魚」
    http://zinnseigyo.exblog.jp/

  7. けんこ | URL | HfMzn2gY

    こんなダラダラとした文章を最後まで読んでくださった皆様。
    ありがとうございます。うれしいです。

    >sachipokさま
    魚を掬うのが苦手で困ります。
    ショップの方なんかは、網2本とかでスイスイっと掬われますが、私みたいにドン臭いのが両手を使おうとしても無理なんですよー。

    とにかく、これで管理しやすくなったことは間違いありません。
    魚たちにとってよい環境を維持できるよう、頑張ります!

    >みなとさま
    最初は4時間もかかるなんて思ってなかったんですけどねorz
    金魚掬いの達人に、助っ人にきていただきたい気分でした。

    置いておく水にエアレはかなり効果的だったと感じています。
    水が澄み切るまでの時間、前回の底砂リセットと比べて、むちゃくちゃ早かったですもん。

    >s-nobさま
    今回、ソイルでご苦労されたみたいですね。お疲れさまでした。
    取り出されたソイルは乾かして保存しておきましょう!
    我が家の再利用ソイル、時々コリが鉢の中でモフってますが、濁りが発生することも崩れることもなく、問題なく使えてますから。

    >ybkjさま
    毎度です。
    おかげさまで、思いのほか時間がかかったわりには、水槽の調子はいいと思われます。
    昨日、濾過もさっと掃除しましたが(飼育水で軽く濯ぐ程度)、今現在水槽は順調です。
    水がしゃきっと澄んで魚たちの活性が上がり、見ていても気持ちいいです。
    お世話になりました~。

    >screwdriver-IIIさま
    生態数レポですか…そのうちコッソリやるかもしれません。
    ええ。わかっています、充分過密の領域です(笑)

    ただ、掬うのに1時間っていうのは、私がかなりドン臭いのを差し引いて考えてください。
    普通の人ならそこまでかからないハズorz

    >gyoさま
    ケイツケさん改めgyoさんおはようございます。
    お久しぶりですね。
    リンクの件、了解いたしました。
    またよろしくお願いします。

  8. puku | URL | mQop/nM.

    むっちゃ遅米ですぅ。
    お疲れ様でしたぁ。4時間って、長丁場ですよね。
    魚種的に、ポイポイ掬いにくいのが 多いですからねぇ。
    エアレも 携帯用のを 1個持ってると、リセット時など便利ですよぉ。

  9. けんこ | URL | HfMzn2gY

    遅米も、早米も歓迎です~♪
    今回、まじで疲れました。
    なんで魚ってあんなに逃げるんだろうorz
    特にローチが難しいんですよねぇ。カラシンなんかより頭いいと思いませんか?
    携帯用のエアレかぁ。今回は水槽の水作を移動させましが、そういうやつの方がお手軽で便利かもしれないですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/408-935d07fc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。