スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育魚紹介 -ホルスタイン・タティア-

2008年11月05日 23:17

tatia081020_7.jpg
ホルスタイン・タティア
Tatia sp.cf.concolor

白と黒の牛模様が特徴的なタティアの仲間。
4cm前後の小型種と紹介されることもあるが、8cm前後までは成長するので、中型タティアといっていいのではないだろうか。
牛模様は個体差が大きく、成長に伴い多少の変化をみせる。
性格は大人しく、同種他種を問わず争う事はないが、やや大型化することと、給餌時には激しく泳ぎ回ることから、口に入るサイズの小型魚との出会い頭での事故はあり得る。
日中はほとんどシェルターや流木の陰に姿を隠して出てこないことが多い。
隙間に入り込む性質が強いため、穴だらけの流木などを入れると、中に入り込んで出られなくなる可能性があるので注意。
エサは冷凍アカムシを好むが、徐々に慣らしていけば、沈下性の人工飼料も食べるようになる。
また、泳ぎ回る際に勢い余って飛び出すことがあるので、特にオールガラス水槽では隙間を厳重に塞ぐ、水位を下げるなど対策が必要となる。


昔は高価な魚でしたが、今ではかなり入手しやすいお値段になっています。
大きな目と、ホルスタイン模様がかわいらしい魚です。
小型と紹介されることが多いですが、決して小型種とはいえないサイズまで成長するので、超小型魚との混泳は勧められません。
水質は弱酸性の方が向いているような気がします。
白点病にかかりやすいといわれることが多いですが、我が家では一度も白点病を発症したことはありません。それよりも飛び出しに注意が必要ですね。私も1匹死なせてしまいました。

導入時、餌付くまでは少し注意が必要です。
シェルターを好むので、タティアが入れるような場所を作ってやり、普段はそこに常にいさせるようにして、その場所にピンポイントに冷凍アカムシをスポイトなどで投入するようにすれば、食べてくれるはずです。なれてくれば、あまり気を使わずとも、エサをまけば出てくるようになってくれます。
人工飼料に慣れさせる場合は、アカムシと一緒に、食べさせたい人工飼料を与えるようにすれば、徐々にエサだと認識してくれるようになります。
ただ、導入時はアカムシ必須だと思ってください。

我が家では現在、1ペアを飼育中です。
タティアの仲間は、雌雄の判別が容易です。
続きに雌雄差について書いてみます。

tatia081020_6.jpg
ヒゲぴよーん

ただし、よく見かける3~4cmの個体では雌雄判別は難しいです。
ある程度成長して性成熟しないと雌雄差がハッキリせず、全ての個体がメス個体に見えてしまいます。

ある程度大きくなったオス個体だと、尻ビレの前端が癒着しゴノポジウム(交接器)となります。
tatia081020_3.jpg
オス個体の尻ビレ

tatia081020_4.jpg
オス個体の尻ビレちょっとアップ

グッピーやプラティの雌雄判別ができれ方であれば、タティアの雌雄も判別できると思います。

メスの尻ビレは癒着がみられません。
tatia081020_2.jpg
フラットなメス個体の尻ビレ

あとは他の魚と同じように、メス個体はおなかまわりがふっくらとしてきますし、オス個体はシャープですっきりした体型をしています。

ゴノポジウムがある=体内受精

ということですから、繁殖は狙えると個人的には思っています。
何年の何月号かは失念しましたが、ホルスタインではなくてスポッテッドだったように思いますが、繁殖したという記事がありました。
いつか、大量のちび牛が見れるといいなぁと思いつつ、飼育しています。


tatia081020_5.jpg
シェルターでまったり

大き目のシェルターより、みっしり感のある狭めのシェルターの方が人気があります。
細めの塩ビ管などで自作してやるのもいいんじゃないでしょうか。

tatia081020_1.jpg
正面顔ヒゲたたみパターン


タティアは学名がついていない種類が多く、正体がわからないことも多いです。
その際、果たして大型なのか小型なのかを見極めるポイントとしては、

1.体型
細長い体型…大型
太短い体型…小型

2.尾柄部から尾びれへの形状
尾柄部が太く尾びれに繋がる部分にくびれがない、尾びれが大きい…大型
尾柄部にくびれがある、尾びれはそれほど大きくない…小型

といったところではないかと思います。
私個人がそう感じているだけで、絶対にこうだとはいいきれませんし、当てはまらない場合もあるかもしれませんので、参考程度に思っておいてください。

あまりメジャーなナマズとはいえないですが、タティアはとても愛らしい魚です。
気も強くないですし、他魚との混泳もさせやすいです。
あなたの水槽にも1匹、いかがでしょう。


久しぶりに気合いをいれて書いた、アクア関連の記事でした。
たまにはアクアブログらしくしないと^^;
スポンサーサイト


コメント

  1. s-nob | URL | m1AZglz6

    Re: 飼育魚紹介 -ホルスタイン・タティア-

    どーも、s-nobです。
    コリやプレコに比べるとマイナー感のあるタティアですが、彼らに負けない魅力を持っていますよね。
    うちにもホルスタインがいますが、土管に詰まっている所とか可愛いですよね(笑)
    しかし彼らの餌どきの暴れっぷりはすごいですよね。
    うちではあれがひどくてコリとオトシンとの混泳を諦め、現在は単独飼育にしております。
    ガンガン体をぶつけてきますものね!!

  2. ワルモノ | URL | wPDySJHA

    Re: 飼育魚紹介 -ホルスタイン・タティア-

    いいねえカワイイねえ、ホルスタインくん^^
    皮膚の状態がいいと、さらに牛っぽいですね。
    ショップでみるホルスタインよかずっと魅力的デス。

    あのテッテケ泳ぎって猛烈にカワイイんだけど、
    個体によっては、ヤリスギでコワイですよね。
    キミたち壊れスギ(笑)
    たしかに混泳のラインが微妙な気がします。
    実害が出るワケじゃないけど、見ていてコワイ(笑)

    それからタティア類のもうひとつの魅力といえば、
    なにも考えてなさそうな無邪気すぎる寝顔(?)ですかね。
    その土管の画像…たまらんね(笑)

    後半の分析コーナーもタメになりました。
    黒くて地味系のタティアっていっぱい種類がいるようで、
    これは大きく(8㎝程度)になるんじゃろか?
    っていつも迷うんだよね。

    また別のタティアも紹介してくださいねー^^

  3. ニロ | URL | -

    初こんばんは☆

    ワルモノさんのブログから飛んできました。

    タティア可愛いですよね~!

    僕も好きで、ブルー、ノーマル、最近入荷したゴールデンのレオパードタティアを飼ってます(≧∨≦)
    あとスポテッドゎ2pr飼ってるんですが、夏に産卵しました☆
    でも暑すぎてか、僕の腕がないのか、50匹ほどの幼魚も一週間ほどで死んでしまいました。泣
    まだ諦めてなぃので次に期待してますが…

    最近ゎレモラキャットがほし~普及種の割には一度も見たコトなぃです(汗)

    アクア友達が周りにいないので、 今後とも、よろしくお願いします(・ω・;)

  4. けんこ | URL | HfMzn2gY

    れす

    >s-nobさま
    かわいくて飼いやすい割にはマイナーな魚ですよね。もっと人気が出て然るべきと思うんですが。
    そうそう、彼らって、土管に「入ってる」じゃなくて「詰まってる」感じですよね(笑)
    うちは流木やら土管やら水槽内に障害物が多くて泳ぎ回れるスペースが少ないせいか、s-nobさんちよりは暴れっぷりがマシみたいです。

    >ワルモノさま
    うちの牛さん、プリプリですからねぇ。人口に餌付くと成長早いっす。
    うちのは、なんだか最初よりテッテケテ度が下がってるような気がします。確実にエサが当たるとわかると、無駄な動きを省く方向に進むような気が…(だからデブなのかも)

    黒くて地味系小型タティアっていうと、柄なしに絞るなら最近見た中では「タティア・ジュルバキsp」っていう名前で売られてたヤツくらいでしょうか。茶色なら「ブラウンドワーフタティア」。
    他の黒いのは中型以上になるのばかりな気がします。
    外見がレモラに近いのは、確実にデカくなるっぽいです。

    >ニロさま
    初めまして。ご来訪、コメントありがとうございます。
    スポッテッドが産卵とはスゴイ!
    稚魚までいったのに全滅したのは残念でしたね。
    でも、1度産卵したということは、水槽内の状態がタティアに合っているということですから、また来年産卵してくれるのではないでしょうか。活きブラインがわかせれば、育成も夢ではないかもしれませんよ~♪
    レモラキャット、よく行くショップではたまに見かけますよ。
    根気よく探してみればきっと出会えると思います。
    それでは、拙いブログですが、これからもよろしくお願いします。


  5. puku | URL | mQop/nM.

    Re: 飼育魚紹介 -ホルスタイン・タティア-

    メタンコかわいいタティア特集ですね^^
    いいな~土管から覗く面々♪
    今OF水槽マンションが空いている我家では、タティアとミクロシノドンディスを
    それぞれ移す予定でいます。
    繁殖、うまくいくといいですねぇ。

  6. けんこ | URL | HfMzn2gY

    覚えておられますか?

    このシェルター、以前にpukuさんからいただいたものですよ♪現在ではご覧の通り、タティアマンションと化しております。みっしり感が好評です(*´∀`*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/425-715cb6ff
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。