スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう手をだしてしまいました…

2005年06月12日 21:37

これです。

pack050612s.jpg




さて中身は…


小さな小さなシリケンイモリ
フタに書いてありますが580円で売られていたのを
あまりのかわいさに負けて連れてきてしまいました^^;

両生類が苦手な方は、続きをご覧にならないでください。
写真貼ります。

imo050612s.jpg



かなりちっこいです。もちろん今年生まれでしょう。
背中にオレンジのラインが入り、白い点々も少し出ています。

本土にみられるのは、アカハライモリ=ニホンイモリで、
シリケンイモリは沖縄に生息する別種です(昔は亜種とされていた)。
アカハライモリよりシリケンイモリの方が大きくなり、15cmくらいになるようです。

また、イモリという生き物はかなり代謝が低く、少しの餌で長い間生きる事ができます。
寿命も長く、飼育下で20年以上生きる事もあるようです。

脱走にさえ気をつければ、水質管理も熱帯魚ほど敏感になる必要もなく、蛙や爬虫類と違い生餌(虫など)をストックする手間もかからず、長生きしてくれるかわいい両生類です。

imo_uraomotes.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. kawamuratch | URL | -

    うわぁぁぁ

    ついにここまで・・・

    で、イモリとヤモリってどう違うの?

  2. shana | URL | QvfgIWC6

    イモリだ~。ペットショップで見かけるたびに、買いたい衝動を抑えるのが大変な生き物の1つです。ガキの頃は、そこら中で見かけたんですけどねぇ。最近はさっぱりです。

  3. けんこ | URL | HfMzn2gY

    >kawamuratchさま
    そです、とうとうこんな世界にまで手を出してしまいました(笑)
    でも、もともとイグアナとかカメレオン飼いたい人だったもんで^^;
    やつらは、紫外線が必要など管理が大変なので諦めましたが、イモリはプラケで保温も紫外線もなしで飼えちゃうんですよねー、ミドリガメ感覚とでもいいましょうか。
    ちなみに、イモリは井戸を守る「井守」で両生類、ヤモリは家を守る「家守」で爬虫類です(^.^)

    >shanaさま
    うちでは多分(というかきっと)、探せばそこらにいっぱい生息してるはずです。この年で近所の田んぼで網を振るう勇気さえあれば…(-_-)
    そんなアカハラにお金を払うのは悔しいなぁと思ってたら、たまたまシリケンベビーを売っていたのでつい…
    シリケンはアカハラと違って、背中にラインが入ったり白い星のような模様が出たりして綺麗になるみたいなので楽しみです♪
    昨日、ピンセットからアカムシを食べてくれて感激でした!めちゃかわいいですよー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaqua.blog7.fc2.com/tb.php/49-7a4bb844
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。