スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンデジ買っちゃった

2007年02月21日 23:14

先日機種変したW44Kのカメラのあまりの糞さ加減に嫌気がさし、衝動的にデジカメを購入しちゃいました。ああまたしても無駄遣い…

FFX-F30 デジタルカメラFinePix F30
フジの「FinePix F30」です。

マクロが高性能で望遠も使えて同価格帯のリコー「Caplio R5」と
RICOH デジタルカメラ Caplio R5 レッド Caplio R5 (RED)
どちらにするか最後まで悩んだのですが、室内などの比較的暗い場所でも動く被写体(子供や犬猫などのペットなど)がきれいに撮れると評判の「FinePix F30」を選んでみました。

R5は高性能ではありますが、きれいな写真を撮るためには多少のテニクックや知識が必要っぽかったのもF30を選んだ理由のひとつだったり。
カメラ知識なんて皆無に等しい私には、バカチョン的に扱えるカメラの方が向いてますから!

で、この選択には満足しております。
というのも、このカメラ、本当に暗い場所に強い。

20W2灯、マツモやフロッグピットなどの浮草が浮いていて明るいとはいえないうちの水槽でも、適当に撮影するだけで、かなりきれいな写真が撮れちゃうのです。
今までの携帯での苦労は何だったんだー!というのが正直な感想。
いやぁ、最近のデジカメってすごいんですね。

以下、近況報告も兼ねて何枚か写真を載せておきます。
(ちと重いです)
[コンデジ買っちゃった]の続きを読む

上部濾過交換

2007年02月20日 16:41

やっとこさ、2007年最初の記事です。
リアル生活が忙しくてすっかり放置状態のこのブログですが、細々と続けていこうとは思っています。
更新頻度はかなり下がりますが、たまに覗きに来てやってくださいませ。


さて、記事を上げていない間にもいろいろありました。
新魚の追加もしたり(こちらはおいおい紹介していきます)、水槽の調子が悪くなったり。

そうです、またしてもポリプ水槽が調子を崩してしまいました。

まず、ハーフオレンジレインボーたちの様子がおかしくなり(底の方で固まってあまり泳がなくなる)、しばらくすると白点が発生。割合大型で体力のある魚たちばかりの水槽なので「水換え頻度を上げて、水温高め設定で治るっしょ!」と思っていたら、数日後、治るどころか、よく見るとアミメウナギにまで白点がついているではないですか!
こりゃいかんとマラカイトグリーンを投入。
アミメからは白点が消えましたが、ハーフオレンジの白点が減少するものの、完全には消えません。
悩んだあげく、2年と少し使い続けている上部フィルターのポンプの流量低下が原因ではないかと思い当たり、交換することにしました。

交換ポンプを購入するよりも、本体ごと購入する方が安いので、本体ごと買い換えです。
これまで使っていた「ビッグボーイ600」が廃盤になっていたので、「デュアルクリーン600」を購入しました。
(GEXはあまり評判のよくないメーカーではありますが、モノを選べば使える商品も多いと思います。上部濾過と濾過一番サンドは自分の中では優良商品)



そして家に着いて開封してから、水中ポンプであることに気付く…
買う前によく確認しろよ、自分orz

夏場の水温上昇が気になるので、水中ポンプはあまり好きではないのですが、買っちゃったもんはしょうがない。(返品交換に行くの面倒くさい)ささっと設置し、現在順調に稼動中です。

濾材は以前から使っているものをそのまま流用、足りない分はエーハのサブストプロレギュラーを追加し、pHの急降下を避けるためにサンゴを少し入れてあります。
付属してきた生物濾過材クリーンバイオはゼオライトっぽかったので、入れていません。

水中ポンプであることが、夏場の水温にどれくらい影響を与えるかはわかりませんが、その他の動作音や、設置・メンテのしやすさにおいては優秀だと思います。

樋の部分に水が流れる流水音は絶えずしますが、それさえ気にならなければ、ほぼ無音だといってもいいでしょう。私にとって流水音は雑音よりもむしろ癒しの音なので無問題。
さらに、樋の形状が改良されていて、それまで使っていたビッグボーイよりも吐水口からより遠くまで水が流れていくようになっています。

そして、濾過槽を追加できるのもいいところ。

「ジェックス ウェット&ドライろ過槽」
デュアルクリーン、グランデ共通です。



この追加濾過槽の部分ににウールを敷いておいてマメに洗浄または交換するようにし、本体の濾過槽に生物濾過を任せておけば、メンテも楽々です。
現在、小型魚用60水槽は外部で回していますが、メンテが楽なので、個人的には上部濾過が好みだったりします。


上部濾過を交換したことにより、ハーフオレンジたちの白点も無事完治し、水槽の調子も元通りとなりました。


上部濾過のポンプの寿命は2年かぁ…
2年ごとに買い換えないといけないのなら、初期投資はかかるもののエーハイムの外部濾過装置ってコストパフォーマンスに優れているよなぁと思います。

アクアナビvol.3発売中

2006年12月23日 22:51

先日、話題の「のだめカンタービレ」第1巻を買いに立ち寄った書店で、「アクアナビVol.3」が発売になっているのを発見!のだめと一緒に即お買上。
今回は古代魚ガーの特集です。

読み応えのあるお気に入りの雑誌なので廃刊になって欲しくないという願いも込めて、特集魚種にかかわりなく毎号お買上決定雑誌になっています。
このノリでオトシン特集やってもらいたいなぁ。
[アクアナビvol.3発売中]の続きを読む

KHを測定してみた

2006年12月20日 22:26

これまた亀記事です(汗)

pHを狙い通りにコントロールするには、KHが非常に重要になってくると教えていただいたので、測定キットを購入して測定してみました。

利用したのはコチラ
pH測定キットに続いての購入です。
パッケージがオシャレだし、試薬自体も扱いやすいのでお気に入りです。


さて、測定してみた結果は次のとおり。
KHと一緒にpHも測ってみました。(KH/pH)

・小型魚60水槽 0.5/5.4以下3.8以上
・ポリプ60水槽 1.5/6.6
・肺魚40水槽 5.0/7.4

おお!小型魚水槽が狙い通りちゃんと弱酸性化してますねー。
ポリプ水槽は濾過槽に牡蠣殼が仕込んであるにしてはKHやや低め。
肺魚水槽は中性~弱アルカリを目指してるんで、ちょうどいいくらい。

ん~、いい感じなんじゃないでしょうか。


上の測定をしたのが確か11月末~12月の頭あたり。
昨日、小型魚水槽のKHのみ再度測定してみたところ、やはり0.5という結果に。
これなら今後もきちんと弱酸性で維持していけそうです。

底砂を薄くしてみた

2006年11月21日 23:16

先日記事にした、底砂を薄くしてエキノは植木鉢へ移植する計画を11/19(日)に実行しました。

以下、長文のうえ写真もなく面白みのないお話になっています。
興味のある方だけ続きからどうぞ。
[底砂を薄くしてみた]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。